雑貨・雑記・諸々羅列帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランジスタ式ミニワッターPart2 【3】

5月からずっと頭を悩ませていたぺるけ式トランジスタ式ミニワッターPart2のチューニング。
後段のカップリングコンデンサや電源のケミコンをいじっていたがらちが明かない。
価格.comの掲示板Whisper Notさんの御助言により、やっと個人的に満足できる方向に向いた(Whisper Notさんサンクス!)
2283457_m.jpg
コンデンサと抵抗を定数は変えずにかなりいじった。
今回の出音激変ポイントは大きく分けて3つ
1.初段に入る抵抗交換
ここは海神無線にて超高解像度抵抗VISHAY(ビシェイ) 無誘導金属箔抵抗のVSRに変更。
2277850_m.jpg
解像度が上がり、音場感向上。
フラットな基調でこれだけ聴いたら申し分ないが、なんともトランジスター臭い。
もうちょっと分厚くて弾む低音が欲しい!
そこで合わせ技
2.初段カップリングコンデンサ交換
3.電源コンデンサにパラでオイルコン
2283458_m.jpg
カップリング用のフィルムコンデンサは色々調べたが千差万別。
コストパフォーマンスに優れていて、ふっくらタイプのParcAudio DCP-FC001-470を使ってみた。
秋葉のコイズミ無線で調達。
悪ノリして、電源の電解コンデンサ(ALPINEマークのELNA5600μF)にCornell DublierのオイルコンBLACK CAT0.1μFをパラで抱かせてみた。 
ココの二つがポイントだったらしく、音が激変!
ほぼ望んでいた弾む低音が量感を持って再現できるようになった!
2280419_m.jpg
ベルデンの配線コードで延長して接続(こうすると交換が楽)
2280529_m.jpg
以前真空管アンプを作製時に保管して20数年目にして役に立ったかな?

全体的にフラット基調でキャラクタに乏しかった出音が量感ある低音に素直に伸びスパイスが乗った高音へと変化。
何より音楽聴いてて楽しい「美味しい音」になったのがうれしい!

2277852_m.jpg
念のためにACアダプタからのスパイクノイズ防止のためOSコンを奢る。

2283459_m.jpg
フロントもお化粧。
足はONKYO A-812EXのを流用。
なんかアンプらしくなってきた?

好みの音が聴ける楽しさ満喫中です!
そして、このアンプを使ってあのヘッドホンを鳴らしてみました!!
audio-technica オーディオテクニカ プロフェッショナルオープンバックリファレンスヘッドホン ATH-R70Xaudio-technica オーディオテクニカ プロフェッショナルオープンバックリファレンスヘッドホン ATH-R70X

オーディオテクニカ 2015-03-20
売り上げランキング : 2407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

プロフィール

元菊池米(望月玲)

  • Author:元菊池米(望月玲)
  • 日々の思うところを雑然と書き込んでいます。
    楽天blogに支店もありますので、こちらも閲覧よろしくお願いしますd(^-^)ネ!
  • 青葉屋本舗楽天支店




最近の記事

【楽天】ショッピング

最近はネットでの買い物は楽天オンリーになっちゃいました!簡単なのがマル!

【楽天】

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

【楽天】旅行に出張に予約ならココ!

日本最大級予約サイトの楽天トラベル

検索窓

blog内検索

楽天で探す
楽天市場

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。