雑貨・雑記・諸々羅列帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラチナショート軸万年筆を三本購入しました。

夏が終わって秋になると・・・そろそろ万年筆も衣替え。
新しく仲間に加わったのは以下の三本。
万年筆 083

なんせYahoo!!オークションで三本1,000円だったんで、ついポチッと(^^ゞ
三本それぞれに特長があって面白いなり(*^_^*)
万年筆 001
プラチナのショート軸の万年筆で、キャップをした姿では見分けがつかない・・・ってか同規格で入替可能。
万年筆 003
ペン先がそれぞれ違ってました。。
万年筆 010
こちらは何の変哲もないステンレスニブですが、クセもなくサラサラっとした書き味でシステム手帳なんかにガシガシ書けそうな細字。
ちょっとメッキが剥げかけてるのはご愛敬。
万年筆 026

万年筆 019
こちらが落札目的の一本。
プラチナのマークが現在のPマークではなく地球のマークでしかも下にS×Nマークの刻印まで打ってる。
万年筆 105
サイドには「PLATINIUM」の刻印
万年筆 110
傷だらけだけれど、書き味はサラサラした感じで書き易い。
一般的なプラチナショート軸の「コチコチ」や「コリコリ」した書き味とはちょっと異なり、少し力が入ってもしなる感じがする。

18Kのニブとプラチナ得意の「細軟」なのがその原因と思われる。
システム手帳用としてはニブの広がり(エラみたいのところ)がない分書込がし易い。
しばらく第一線で働いて貰うつもりだ。
万年筆 053
三本目は14Kの中字。
万年筆 037
気づかなかったが、実は内部がとんでもなく汚れていた。
超音波洗浄機に掛けると黒っぽいインクかすがドロドロ出てきてちょっとビックリ。
プラチナのブルーブラックって古典的ブルーブラックに分類されるモノの、インク詰まりなどの障害を引き起こすまでは行かないことが多いようだ。
万年筆 120
ニブも細字よりごついが一般的な万年筆ニブと比べると華奢な感じ。
ショート軸やポケット万年筆の貧相なところか?
万年筆 079
キャップを後ろに装着した状態では、プロフィットスタンダードであるNAGASAWAオリジナルスタンダードより実はちょいと長い。
万年筆 053
私の持っている中字万年筆では最上の書き味。
前の持ち主のクセかスポットがあり、そこに入り込むとキューーって感じで抵抗感がなくなる。
ヌラ~~って感じではなく、スラ~~~って感じで書けるのはやはりありがたい。
ただし、この字の太さからするとやはり横幅の太いペン先で書きたい気がする。
感覚的にズレがあるような気がする。

昭和を謳歌したビジネスマンやOL、教員や医師達が身につけていたショート軸万年筆。
キャップも一目では判らないが小さな違いがあり。
万年筆 077
若い方々ではご存じのない方もいらっしゃるようですが、使い心地は良いモノなので、じっくり使っていきたいと思います。
CCI20111009_00000.jpg
試筆の結果も上々なんで、週明けからメインで使い込もうと思います。





スポンサーサイト

プロフィール

元菊池米(望月玲)

  • Author:元菊池米(望月玲)
  • 日々の思うところを雑然と書き込んでいます。
    楽天blogに支店もありますので、こちらも閲覧よろしくお願いしますd(^-^)ネ!
  • 青葉屋本舗楽天支店




最近の記事

【楽天】ショッピング

最近はネットでの買い物は楽天オンリーになっちゃいました!簡単なのがマル!

【楽天】

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

【楽天】旅行に出張に予約ならココ!

日本最大級予約サイトの楽天トラベル

検索窓

blog内検索

楽天で探す
楽天市場

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。