雑貨・雑記・諸々羅列帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRIO KA-3100(その6)

このアンプの素晴らしいのは使用される部材選択の確かさ。
内部配線材にしてもローコスト品だが手を抜いてない=合理化して利潤追求してない。
このあたりが音響メーカーとしてのトリオの評価につながっていたと思われる。
DSCF3805_edited-1.jpg
信号ラインは全て単線。
一般的により線は雑音を拾い難いし引き回しやすいが、音質的には単線の方がレスポンス面で優れている。
今回はチューナーからのラインを変更して、一回り太い銅単線をTAPE端子まで使ってみた>手持ちの関係
音質的には傾向は同じだがバランスはちょいと線が太くなる。
DSCF3801_edited-1.jpg
DSCF3810_edited-1.jpg
バックパネルにも手を加えてアースラインを一回り太くし、レスポンスアップを図る。
すると・・・ハム拾う!
orz・・あり?
雑音対策と使わないのでPHONOライン(これはシールドしてあった)を取り外したのになぜ?
DSCF3809_edited-1.jpg
原因はこの2番ポストに入るアースライン。
これをバックパネルのアースポイントに落とすとピタリとノーハムになった。
DSCF3814_edited-1.jpg
あらかた作業は片付いたか・・・
いくつかやり残したことはあるが、取り敢えずボンネットかぶせてラックインして年末大掃除しないと・・・(笑)
放熱版は不要じゃないか?と思えるほど発熱が少ない。
トランスが少しだけ暖かくなるだけ。
終段の2SB595なんか触っててもひんやりしてるし・・・ホントに動いてんのか?(爆)
正月はみっちりテストしてやろうと思います。

スポンサーサイト

プロフィール

元菊池米(望月玲)

  • Author:元菊池米(望月玲)
  • 日々の思うところを雑然と書き込んでいます。
    楽天blogに支店もありますので、こちらも閲覧よろしくお願いしますd(^-^)ネ!
  • 青葉屋本舗楽天支店




最近の記事

【楽天】ショッピング

最近はネットでの買い物は楽天オンリーになっちゃいました!簡単なのがマル!

【楽天】

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

【楽天】旅行に出張に予約ならココ!

日本最大級予約サイトの楽天トラベル

検索窓

blog内検索

楽天で探す
楽天市場

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。