雑貨・雑記・諸々羅列帳

DENON USC-M10 その1

ヤフオクで入手したUSC-M10の腑分け(笑)
DSCF3661_edited-1.jpg


このスピーカー、凝ってることに10cmウーハーが上下で異なっている
DSCF3677_edited-1.jpg

下のユニットは逆ロールエッジ
DSCF3679_edited-1.jpg

上のユニットは通常のロールエッジ
両方とも通常のゴムエッジと思われるが若干細かいひび割れが出ようとしていたので、クレポリメイトを塗布して補修。クレポリメイトって何?

確かに硬化は防げたようだし、ツヤも復活。
ただし、経年変化がどうかはこの際二の次(笑)なので試してみる方は自己責任でね。
DSCF3678_edited-1.jpg

型名も上下で違う。
12Ωユニットを並列で使って6Ωとして使うというシンプル構成。
DSCF3676_edited-1.jpg

マグネットは意外と大きい。
フェライトなんでキャンセリングマグネットを背負ってる。
DSCF3665_edited-1.jpg

ツイーターはハッキリ言って貧相。
おもちゃみたい。
DSCF3667_edited-1.jpg

型名から推測すると2.5cmクラスか?
マグネットも小さく、取り付けもサブバッフルにホットメルト付け。
DSCF3666_edited-1.jpg

ただ、バックキャビネットは苦労して確保してある。
DSCF3662_edited-1.jpg

ネットワークは0.35mHのコイル・5Ωのセメント抵抗・3.3μFの電解コンで組んだ6dB/octタイプのようだ。
ホットメルトでダンピングしてる。
パイオニアだったらこれがボンドG17タイプの接着剤だった・・各社昔は色々特色があったんだが、今ではもう海外に生産拠点が移ってしまいこんな製品も生まれてこなくなったしまってる。
ちなみにこのSPもmade in chinaです。
オーディオの世界では既に万国中華帝国が出来上がってるみたいですな(苦笑)
DSCF3682_edited-1.jpgDSCF3683_edited-1.jpgDSCF3657_edited-1.jpgDSCF3656_edited-1.jpg
さて、改造方針を示そう。
1.コンデンサの交換:オリジナルを聴いた感じではどうもモコモコした音になってるので、シャープさとメリハリを求めて3.3μF→4.7μFに変更し、クロスオーバーを引き下げ、同時に高品位化を狙いコンデンサ種類をフィルムコンデンサに変更。
2.配線材の変更:音の線の細さをカバーするため、もう少し太めの線材に変更する。候補はベルデンクラス。
BELDEN スピーカーケーブル 8470-5m

BELDEN スピーカーケーブル 8470-5m
BELDEN
売り上げランキング : 920

おすすめ平均 star
starCD作成時の音
starこんな細いケーブルで・・・
star満足できる音

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
っと、まぁ・・・とっても簡単な改造計画<たったこんだけで計画言えるんか?(爆)
どうなりますやら????
スポンサーサイト

プロフィール

元菊池米(望月玲)

  • Author:元菊池米(望月玲)
  • 日々の思うところを雑然と書き込んでいます。
    楽天blogに支店もありますので、こちらも閲覧よろしくお願いしますd(^-^)ネ!
  • 青葉屋本舗楽天支店




最近の記事

【楽天】ショッピング

最近はネットでの買い物は楽天オンリーになっちゃいました!簡単なのがマル!

【楽天】

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

【楽天】旅行に出張に予約ならココ!

日本最大級予約サイトの楽天トラベル

検索窓

blog内検索

楽天で探す
楽天市場

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ