雑貨・雑記・諸々羅列帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セーラーナノインク「極黒」と「青墨」の耐水性

久しぶりに万年筆の話題。

現在の私のお仕事は履歴書の配送>求職中だから>誰かお声あれば是非(爆)

ということで、先日からセーラーのナノインク「極黒」カートリッジが宛名書きに大活躍中・・・ということは先日の記事にアップしたんだが・・・
セーラー万年筆用カートリッジインク 極黒(きわぐろ)
B002C2K4PA


もう一つのナノインク「青墨」を入れたパイロットのキャップレス万年筆デシモの調子が今ひとつ・・。
ま、それも当然で、今まで毎日使ってあげていたのが最近では背広の内ポケットに入れたままっていう状態。
ナノインクでペン先をドライアップさせ顔料成分が固着してしまうと非常に厄介ってのは注意書きに書いてあるほどなので、引っ張り出しては書いてるんだが、初めの一文字がどうも書き渋ってくれるようになってて・・・。
こりゃしばらく純正に戻そうかな・・・と思案中。
パイロット万年筆 キャップレス・デシモ ダークブルーマイカ 中字 FCT-154SR-DL-M
B001AX5SGW

そこで、デシモをメンテナンスする前にインクの耐水性を実際試してみようとRHODIAのNo11にてテストしたのが下の画像。

201006121.jpg
クリックすると拡大表示します。
今のところデシモとセーラーのミニ万年筆2本がメインで使ってる。
先日までセーラーのFニブは純正ブルーブラックカートリッジだったが、青墨に入れ替えてテスト中。
パイロットエリートとペリカンM150は比較対象として加えた。


さて、この用紙を濡らしたらどうなるか?をやってみた。
単純に洗面器に水を張ってしばらく漬けておいて引き上げたのが下の画像。

2010061211.jpg
クリックすると拡大表示します。
驚愕の事実!!
「極黒」が盛大に滲んでくれた(爆)
パイロットの赤が滲むのと純正のブルーカートリッジが滲むのは予想通り。

感心したのは「青墨」が能書き通りの耐水性を示してくれたこと。
殆ど滲まず色味までそのままなのは素晴らしいと思う。
リザーバー付きボトルインク青墨【ブルーブラック】 13-2001-244
B003LXRM9A


パイロットのブルーカートリッジは滲むけれども思ったほどではない。
自然な滲みで嫌みじゃないし・・・。
このインク、フローもとても良いので、これはこれで「使える」インクなのではないか?と思う。
特にデシモは特殊なペン先構造しているのでやはり純正の方が相性は良いと思う。
パイロット万年筆用カートリッジインキ ブルー IRF-12S-L
B0016YUGHQ


「極黒」の滲みは乾燥が足らなかったのではないかと思う。
完全に乾けば固着して耐水性を発揮するが、ちょっとでも粒子が動く状態だと溶け出てしまうんではなかろうか?
私の使ってる「極黒」はカートリッジタイプなので、ボトルタイプならまた違った結果になるのだろうか?
ちょっと気になる結果に終わった。

まずはデシモをクリーニングしてみるか・・・?
スポンサーサイト

プロフィール

元菊池米(望月玲)

  • Author:元菊池米(望月玲)
  • 日々の思うところを雑然と書き込んでいます。
    楽天blogに支店もありますので、こちらも閲覧よろしくお願いしますd(^-^)ネ!
  • 青葉屋本舗楽天支店




最近の記事

【楽天】ショッピング

最近はネットでの買い物は楽天オンリーになっちゃいました!簡単なのがマル!

【楽天】

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

【楽天】旅行に出張に予約ならココ!

日本最大級予約サイトの楽天トラベル

検索窓

blog内検索

楽天で探す
楽天市場

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。