雑貨・雑記・諸々羅列帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイロット万年筆恐るべし!

先日、パイロット万年筆の本社にあるPen Station Museumに行って来た。
訪問の理由は、昨年暮れに貰った2本の万年筆の整備の依頼。
一本は母の退職記念の品だからさすがにこれは心情的に使えない(;^_^A アセアセ…。
もう一本はEliteという大橋巨泉の
「・・・ハッパフミフミ」
という一大流行語を生み出したベストセラー万年筆。
私の記憶では、この時代の万年筆って言うのはミニ型(ショート型)が主流だったように思う。

両親が教師だったせいで、学期末になると炬燵なんかの上で難しい顔して通信簿に筆を走らせる姿を見てきたが、まさか自分が当時の両親と同じ年代になるとは。。。

Pen Station MuseumのおじさんはElite見た瞬間に
「や!懐かしいですねぇ!」
と大喜び(^.^)
当時のカタログ等出してくれて、説明してくれた。
母の退職記念の万年筆の方は最近まで販売していたそうなので、こちらはノー問題。
訳を話すと
「そりゃキチンと作業させていただきます!」
と心強い言葉。
問題はElite。
このタイプの万年筆ってペン先とボディが接着剤で固着されているとのこと。
整備はコレを一旦剥がして分解洗浄すると言うことだった。
ひぇ~~~手間掛かりそう!
で・・・お値段は・・・
「通常の旧型何年筆の修理代ですと3,150円なんですが、このタイプは5,250円ですねぇ」
正直、現行タイプ万年筆の修理代1,260円が基準と考えたら高い。
でも、手間を考えたらこれから先、いつまで修理を依頼できるか判らないので依頼した。
あぁ・・一週間くらいかかるかなぁ・・・・
「では、明日中には終わると思いますのでご連絡いたします・・・。」
.。ooO(゚ペ/)/ひゃ
パイロット万年筆恐るべし!!!
セーラー万年筆はサイトに
「ショート型万年筆の修理は部品枯渇のため全てお断りしています」
とハッキリ明示してるのに・・・

さて、中一日で本当に作業完了して電話貰ったので、受取に・・・。
今度はおじちゃん接客中だったので、おばちゃんがお相手。
こちらもニコニコしながらカートリッジインクのセットの仕方など丁寧に教えてくれた。
何も言わないのに、カートリッジインク一本サービス(しかも一本ずつ梱包されたバージョンのヤツ)してくれたし・・・「何色お付けしましょうか?」
う~ん・・・なんか凄いぞ!パイロット。。。
結局、母にはブルーブラックを、自分はこないだストックしたブルーを貰った。
Eliteチェック書きしたら、うはぁ~こんなに太字だったっけ?
「Mだから中字ですね・・・軽いでしょ?」
すぅらすぅら書けちゃいます・・はい・・
ちょっとだけ気になったのは書出の掠れ。
これはまた後日にした。
今後気になるようなら、何度でも持ち込んで調整かけられるそうなんで安心して任せようと思う。
暫くこのままハッパフミフミしていこうね!>Elite

DSCF2382.jpg
分解洗浄した二本のPILOT万年筆。
両方ともボディも綺麗に磨かれてて、良い仕事してるなぁって感じ。
日本の物作りここに極まれり。
DSCF2384.jpg
殆ど新品と見まごう形にまで綺麗になっていた!
Σ(・∀・;)ビックリ
DSCF2389.jpg
さすがにインク固着してたペン先軸元の汚れは取れず。
DSCF2388.jpg
こちらも新品?って位にまで磨き上げられたEliteのペン先。
母のモノより大きいでしょ?
刻印から推測すると1979年3月平塚工場製らしい(H379 Mの刻印付き)
ショート型のメリットは短く仕舞えるということと個人的にもう一点。
書く時に重心が前に来て、手帳なんかに細かぁく書き込むときにすこぶる書き易く感じるのだ>自分基準
スポンサーサイト

プロフィール

元菊池米(望月玲)

  • Author:元菊池米(望月玲)
  • 日々の思うところを雑然と書き込んでいます。
    楽天blogに支店もありますので、こちらも閲覧よろしくお願いしますd(^-^)ネ!
  • 青葉屋本舗楽天支店




最近の記事

【楽天】ショッピング

最近はネットでの買い物は楽天オンリーになっちゃいました!簡単なのがマル!

【楽天】

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

【楽天】旅行に出張に予約ならココ!

日本最大級予約サイトの楽天トラベル

検索窓

blog内検索

楽天で探す
楽天市場

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。