雑貨・雑記・諸々羅列帳

実家の万年筆

実家の帰省した際に古い万年筆がないか父母に聞いてみた。
両親とも教師だったせいで、物心ついてからは万年筆があるのが当たり前の毎日だったから・・・。
本当に古いモノは捨てたり、タンスの奥底にしまい込んだりして行方不明だったりしたが、それでも驚いたことに以下のようなお宝?がザクザク湧いて出たのには呆れてしまった。。。

DSCF2309.jpg
上から二番目は私が高校卒業の時に貰ったモンブラン。
社会人になってからも使ってたからかなりくたびれて殆どジャンク品と化していた(残念)
一番上はモンブランのマイスターシュテュック。
多分144だと思われる。
その下3番目がPARKERの95。
どうもこのあたりは親父の貰い物みたいで、書き癖が私と正反対で物凄く書きにくい(笑)
いづれ機会を見て調整して貰おうと思う。
その下の真ん中3本はセーラー、パイロットの国産万年筆(型名不明)
特に真ん中のシルバーのモノはパーカー95のそっくりさん(笑)
母の退職記念品がその下の一際大きいプラチナ製。
これは使わないで機会を見て整備して貰って母に返そうと思っている(名前も彫ってある)
の割には・・・キャップが固着してて、カートリッジインクも2日程水に浸けててやっと取れたんだけど・・・使わないでタンスの肥やしになっているよりマシだと思うが・・・。

で、今回自分が良いなっと思ったのは下の3本のポケット型。
僕らの世代は万年筆と言えばコレを言った。
DSCF2317.jpg
パイロットのエリート。
14Kのペン先がいかにも時代を感じさせる。
DSCF2321.jpg
どうも記号から推測すると、1979年3月平塚工場製らしい。
ちょっと細字なので、常用するかどうか思案中。
同じパイロットの多分一昔前のモノ>型名不明>どなたか情報あれば教えてください。
DSCF2315.jpg
コレとセーラーのモノが最も使い込まれていた。
セーラー製の型番不明モノが最も私には書き易かった。
柔らかくて腰がある。
DSCF2328.jpg
DSCF2313.jpg

14Kの割には驚くほど柔らかいが、それでいて腰があって太い。
ということで、常用アイテムに決定!



スポンサーサイト

プロフィール

元菊池米(望月玲)

  • Author:元菊池米(望月玲)
  • 日々の思うところを雑然と書き込んでいます。
    楽天blogに支店もありますので、こちらも閲覧よろしくお願いしますd(^-^)ネ!
  • 青葉屋本舗楽天支店




最近の記事

【楽天】ショッピング

最近はネットでの買い物は楽天オンリーになっちゃいました!簡単なのがマル!

【楽天】

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

【楽天】旅行に出張に予約ならココ!

日本最大級予約サイトの楽天トラベル

検索窓

blog内検索

楽天で探す
楽天市場

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ